【インタビュー】子育て主婦 後編 | Bellbiz(ベルビズ)

【インタビュー】コールセンターの仕事は家事と両立できるのか 子育て主婦編 後編

コールセンターで働く学生の方へインタビューをした後編をお届けします。今回は大学生活の一大イベント「就職活動」にもスポットを当ててお聞きしました。

スタッフプロフィール
  • お名前:Yさん(41歳・女性)
  • 勤務地:新宿オフィス
  • コールセンター歴:11年10か月(2018年11月現在)

その点は、本当に問題ありません

――ライフサイクル教えてください

シフトはだいたい曜日固定で稼働しています。日曜は休みにして、たまに土曜日にシフトにはいることもあります。ライフサイクルというほどのものではないのですが、だいたい6時前に起床し、子どもと夫のお弁当をつくります。子どもを預けたら出勤し、16時に退勤したら迎えに行き、夕食を作り、娘をお風呂に入れて、ドラマを観て寝るのは0時ぐらいです。

――子育てしていて大変ことはありますか

まじめな話、毎日新しい発見ばかりですごく楽しいです。大変なのは、やはり子どもが病気になったときかなと思います。保育園に行くようになると特にです。それもありますけど、やはり仕事を切り上げて迎えに行かなきゃいけないことです。頻繁にではないですけど、仕事に穴をあけてしまうのは自分でも嫌なのです。ですがこればかりはどうにもならないですし、今の職場はとても理解があるのでとても感謝しています。

――今後はどんな風に働きたいですか

家庭と仕事とのバランスをとって勤務したいと思っています。子どもが小学生になったら、もしくは中学生くらいになったころには、フルタイムに戻りたいとも思っています。みんなそんな風に思ってないのは分かるんですけど、申し訳なさもやはりあります。なので、子どもが大きくなったら今度は別の人が時短の時に私が頑張りたいなと思いました。

――コールセンターで働いて良かったことはありますか

ここまでの質問で答えている気がしますが、子どもが生まれる前までは、ずっとフルタイムで働かせてもらい、子どもが生まれて、時短シフトに変えてもうなど変更してもらえるところ。また急に休みを取得しないといけなくなったときも周りのみんながサポートしてくれます。ママになっても働きやすい環境で仕事をさせてもらって、本当に感謝しています。ここで働いてて良かったと思うことばかりです。

インタビュー後記

前編後編とお届けしたインタビューの子育て主婦編。働くお母さんに理解のある会社という認識でしたが、Yさんが「ここで良かった」と思ってくれていたのは、本当にうれしく思いました。そして、その意思を未来のママたちにつなげたいと思っているのも本当に素敵だなと感じました。これからももっと家事や育児と両立できるような職場や環境が増えていくと良いと感じた時間でした。

 

コールセンターの
お仕事探しはこちらから

ベルシステム24の求人サイト
Bellbiz(ベルビズ)